スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮漉き機と厚物用ミシンのご紹介

  • 2012/06/01(金) 12:03:02

6月に入りましたね。

色々と忙しく、バッグの制作が滞っていまして(^_^;)
なかなかブログの更新が出来なくて済みません。

今日は、バッグ作りに欠かせない皮漉き機と腕ミシンの
ご紹介を致しますね。

仕事部屋2012.6

奥にある黒いのが、皮漉き機です。革の端っこの折り返す部分など
厚みが出てしまうところを薄くする機械です。
NIPPY(ニッピ)のNP-2 です。

革のバッグを作るには必需品です。

手前は厚物を縫う工業用の上下送りミシンJUKIのDSU-144N です。
送りが足踏みしながら動きますので、ズレが少ないです。

見ていると、一生懸命走ってるように見えて、可愛いんです。

写真では、腕のところに台を取り付けてあります。
台が付いた状態で、普通の平ミシンのように使えます。
外して腕ミシンで、バッグの口の厚みのあるところを縫います。

下糸を巻くボビンが倍釜で、下糸がたくさん巻けるようになっています。
針は#23
糸は、30番や20番を使っています。

どちらも中古ですが、幸田ミシンさんにお世話になって、
状態の良いものをご紹介頂きました。
メンテナンスもしっかりしていますし、特に皮漉き機は
使い方の説明を丁寧にして下さいました。

この2台とJUKIのシュプール(職業用平ミシン)を駆使し、
これからも作品を作っていきたいと思っていますので
宜しくお願い致します。

ミシンは、他にロックミシンとベルニナの家庭用ミシン(ジグザグが
出来ます)があります。どんだけミシンがあるんだ~って感じですが、
私にとっては、どれも欠かせない手作りのためのスタッフです。

来週こそバッグの制作に取り掛かります。

良い週末をお迎え下さいね。

いつも応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。